<   2009年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
「武神降臨」私的評価 -赤編-
ども。Aceです♪

ガンダム・ウォーの最新作「武神降臨」について、引き続き私的レアカード評価を行っていきたいと思います。

今日は「赤」です。

U-186 ドーベン・ウルフ(ラカン機)
「チーム(スペースウルフ隊)」の味方全てに対して、戦闘エリアにいる敵軍ユニット1枚に[-1/-1/-1]を与える能力を付与します。この効果は、自軍・敵軍ターンを問わず、交戦を条件としていません。
また、「インコム」の効果でダメージを与えた場合、敵軍プレイヤーは、そのセットグループのカード1枚を破壊しないといけません。ただし、逆に自軍ユニットが「インコム」の効果でダメージを受けた場合でも、破壊の対象になってしまいます。
複数の「スペースウルフ隊」と「インコム」が揃えば、怒涛の強さを発揮しますが、単体ではパンチ力に欠けますね。
評価:■■■□□□□□□□

CH-111 ラカン・ダカラン
2体以上の編制で出撃する自軍ユニットの戦闘力を[5/2/5]に変化させてしまいます。・・・効果としては完全にウィニー向けですね。
専用機である上記「ドーベン・ウルフ(ラカン機)」とは、まったくテキストが噛み合いません。せめて「スペースウルフ隊」を付与出来れば・・・。
評価:■□□□□□□□□□

C-104 地球圏の掌握
敵軍手札が5枚以上になるように、可能な限り敵軍ユニットを手札に戻してしまいます。
手札に戻すユニットが相手に依存されること、タイミングが自軍攻撃ステップ限定であることから、イマイチ使い難い印象があります。「勝利の陶酔」「女帝退場」「信号弾」で十分。
一応、手札が5枚以上になっても、(相手が望むならば)それ以上のユニットを戻すことは可能です。
評価:■□□□□□□□□□

U-C107 インプルース・コルニグス
敵軍効果では破壊・移動されないスーパー無敵ユニット。
さらに、【高機動】【サイコミュ④】を持ちます。
ただし、このカードが戦闘エリアにいる状態で、敵軍コマンドカードが解決された場合、このカードの無敵効果は一時的にオミットされてしまいます。同様に「ガンダムスローネドライ」も天敵と言えます。
・・・とは言え、このカードの無敵っぷりはハンパ無いですね。かなり重いカードですので、各種ブースト手段で早出しを狙いたいところです。
評価:■■■■□□□□□□

U-C109 クロスボーン・ガンダムX1フルクロス
クロスボーンガンダムの集大成。
マルチプル効果で、自軍カード1枚の破壊を無効にすることが出来ます。しかも、自軍ジャンクヤードにある任意のユニットを取り除くことでも、このカードのマルチプルは起動しますので、かなりのコストパフォーマンスを持ちます。
さらに、自軍ジャンクヤードにある任意のユニットが持つマルチプル効果をコピーすることも可能です。ただし、そのユニットのマルチプル効果に国力が設定されている場合は、その国力を満たす必要があります。
重いカードですので、「換装(クロスボーン・ガンダム)」を有効に活用したいところ。
評価:■■■■□□□□□□

C-C27 鋼鉄の七人
追加コストとして手札を全て破棄しないといけませんが、自軍本国を全て見たうえで、任意の枚数のキャラクターを抜き出し、合計国力を-1したうえで、セット可能な任意の枚数の自軍ユニットにセットすることが可能です。しかも2国力でプレイ可能。・・・強い!!
ただし、カウンターされた場合は、致命的な損害を受けます。カウンターが恐い場合は、ハンガーに防御用のカウンターカードを用意しておく必要がありますね。
このカードで国力発生キャラを抜き出すことで、擬似的な国力ブーストも可能。
抜き出したキャラクター同一のユニット(拠点や艦船等)にセットさせることは不可能です。
評価:■■■■■□□□□□

今回の「赤」は、微妙です。
それなりに光るカードはあるのですが、癖があるものばかりです。
反面、上手く使いこなすことが出来れば、間違いなくトッププレイヤーとして活躍出来ることでしょう。
by gunplete | 2009-03-31 23:48 | Gundam War
今週のジャンプ
ども。Aceです♪

あいのり出演のレスラー(崔領二)が、大谷を破り、ゼロワン世界ヘビー級の王座を戴冠しましたが、今週のジャンプいってみましょう。

●ワンピース 第537話
前回までの阿鼻驚嘆とは打って変わってのパラダイス。狐につままれたような気分ですね。誰でもいいから状況解説してください。・・・そして「イワさん」のご登場。なんともパワフル。イワさんの能力は、おそらくプラスとマイナスを反転する能力なんでしょうね。性別ですら反転しちゃう? ・・・それはさて置き、イワさんに女にされた海賊が、めちゃセクシーです。彼女(彼)の今後が非常に気になるところ。

●トリコ 第43話
ココの戦いには安定感がありますね。でも、毒でロボを倒せるんでしょうかね? ・・・一方のサニーも怒のスーパーモードに突入。雰囲気だけなら最凶なんだけどね。

●サイレン 第64話
・・・エルモアウッドが生きてるんだったら、主人公の役目は無いよね。

●バクマン。 第31話
ジャンプ金末来杯が開幕。参加4作家の作品が掲載されました。個人的には福田さんに1票。・・・ところで、コージィーの「カラフジカル」って、逆に内容が気になるんですけど。新手のスタンド使いですか?

●アイシールド21 第323話
ある意味、セナよりもパンサーの方が好感が持てますね。MVPはパンサーで良くね? ・・・そして、アメリカチームのエース「クリフォード」の登場。セナ並に走れるヒル魔ってことでしょ? ・・・反則だ。

●ぼっけさん 第14話
早くも第1章・完ですか? 次回から新章突入? ・・・どう考えても、ストーリーがこれ以上拡がりませんよ? このままでは打ち切りは免れないかも。西先生の漫画、わりと好きなのになぁ。

今週のジャンプ
満足度 ★★★★☆
ウンコはイヤ~っ!!
by gunplete | 2009-03-30 23:36 | comic
第25話 ここは俺の距離だっ!!(刹那)
ども。Aceです♪

「機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)」の第25話を観ました。
いよいよもってセカンドシーズンも最終回です。
ここまで拡がった大風呂敷をまとめることが出来るのか?

さて、前回のラストでご登場したビックリドッキリメカですが、
赤くてゴツいボディに大きな砲身が二つ・・・まるでガンキャノン!!

「リボーンズキャノン!! リボンズ・アルマーク!! 行く!!」(リボンズ)
おいおい!! よりによって【リボーンズキャノン】ですか!?
家庭教師ヒットマンですか!?
・・・って言うか、そこは「行く」じゃなくて「行きまーす」でしょ!?

いやはや、こんなメカがラスボスとは・・・
・・・と、思っていた矢先、【リボーンズキャノン】が裏返ってガンダムに変身!!
・・・これは意外とカッコイイかも。
・・・でも、どっちが表なんですか?


一方で、【アリオスガンダム】のカニバサミが、ヒリングを両断。
「超兵復活といこうぜーっ!!」(ハレルヤ)

また、ズタボロの【ケルディムガンダム】でしたが、ロックオンの心眼が開花。
【ガデッサ】の攻撃をヒラリと避けて、ゼロ距離射撃の乱射。
相変わらず、ロックオンの戦い方にはシビレが走りますねぇ。


さて、肝心の刹那君ですが、リボンズ相手に大苦戦。
【ダブルオーライザー】も頭部・脚部を破壊されてしまいます。

絶体絶命の局面でしたが、刹那君の覚醒に太陽炉エンジンが反応し、【ダブルオーライザー】が量子化してしまいます。もはや、質量を持った残像ですらありません。

・・・そして、壮絶な相討ち。第1ラウンド終了。


そして、怒涛の第2ラウンドへ突入。
リボンズはラッセが乗り捨てた【Oガンダム】に搭乗。
(・・・【Oガンダム】の機体をトリコロールカラーにしたのは、このためだったのでしょうね。)

刹那君は【ガンダムエクシア(R2)】に搭乗。
やっぱり刹那君には【ガンダムエクシア】が似合います。

「ガンダムエクシア!! 刹那・F・セイエイ!! 末来を切り開く!!」(刹那)

【Oガンダム】の鉄拳!!
【ガンダムエクシア】の一本背負い!!
これぞガンダムファイトの真髄!!


そして、とうとう決着の時が訪れました。
ビームサーベルを両手に構える【Oガンダム】が、まるでファーストガンダム(対ランバ・ラル戦)を彷彿とさせます。

・・・両者の激突。お互いの機体を刃が貫きます。
・・・またもや相討ち。刹那君の運命は?

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ここでエンドロール。
結局は、最終話まるまるバトルで終わってしまいましたよ。
色んな伏線は未解決のまま。
ミスター・ブシドーも現れず。

最後には、アロウズのカタギリ司令が切腹を選んだことで、終止符が打たれたようです。
カタギリ司令、こんな漢らしい最後を選ぶんだったら、もっと活躍しても良かったのでは?

・・・そして、やっぱり生きてたコーラサワー!!
・・・そして、マネキン大佐とご結婚!!
「不死身のコーラサワー改め、幸せのコーラサワーになりましたー!!」(コーラサワー)

コーラサワーが真の主人公に思えてきます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

エンドロール後・・・

木星を背景に「The Childhood of Humankind Ends」の文字が。

・・・そして、「劇場版機動戦士ガンダムOO」に続く。

劇場版ですか!? たしか「SEED」も劇場版の公開が待たれるんですよね!?
いっそサードシーズン突入で良くね?


それはさて置き、「The Childhood of Humankind Ends」ですが、
西暦としての今の時代が、ここで終止符を打たれ、人類は次のステップに進むという意味なんでしょうけど。
次のステップというものが「異種との対話」なんでしょうね。
恐らく木星を起源とする新たな人類が登場してくるのでしょう。

これを見越したうえでのイオリア計画なんだろうと、自分なりに自己解釈。


・・・なんとなくスッキリしないエンディングでしたが、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
by gunplete | 2009-03-29 23:33 | GUNDAM
「武神降臨」私的評価 -黒編-
ども。Aceです♪

ガンダム・ウォーの最新作「武神降臨」について、引き続き私的レアカード評価を行っていきたいと思います。

今日は「黒」です。

U-191 ガンダムMk-Ⅴ
かなり重い&強力なカードですが、場に「ニューディサイズ」であるユニットがいる場合、合計コストが大きく軽減されます。
さらに、味方の「ニューディサイズ」に「特殊兵装(インコム)」を与えることが出来ます。
また、自軍ユニットに装備された「インコム」を捨て山の下に移すことで、交戦中の全てのユニットを破棄することが出来ます。
このカードを核とした「チーム:ニューディサイズ」は脅威です。
評価:■■■■□□□□□□

U-193 ガンダムTR-6[アドバンスド・ウーンドウォート]
ややパンチ力に欠けるものの「速攻」「高機動」「戦闘配備」は優秀です。
また、「換装(TR-6)」を持ち、奇襲ブロッカーとしても期待出来ます。
また、「特殊兵装(シールドキャノン)」を持ち、自身のサイズアップも狙えます。
かなり特殊効果の豊富なユニットですが、運用は難しそうです。
評価:■■□□□□□□□□

CH-99 ブレイブ・コッド
「速攻」を持ったキャラクター。
さらに、2枚以上の部隊にいる「ニューディサイズ」である自軍ユニットに「速攻」を与えます。
「速攻」を持った「チーム:ニューディサイズ」は魅力的ですが、そこまで夢を見る必要は無いかと。
評価:■■□□□□□□□□

C-86 踏み躙られた思い
敵軍手札を一時的に無くしてしまうカード。
役割的には「女スパイ潜入」「切り開く力」に近い。ただ、単独ではイマイチ効果を発揮しないので、「ジャブローの風」と組み合わせるなどの工夫が欲しいところ。
「自爆ジ・オデッキ」のコンボパーツ。
評価:■□□□□□□□□□

C-87 報復行動
自軍・敵軍のお互いの場のカードを最大4枚まで本国へ移してしまうカード。
「ジャブローの風」と違って、手札は対象になりませんので、状況によっては大量G破壊を狙えます。
指定国力も低く、混色での使用もOKです。
評価:■■■□□□□□□□

C-00-2 情報の把握
黒の新種のドローカード。
手札2枚を相手に公開したうえで、手札1枚を失ってしまいますが、3ターン目2ドローは、黒単にとっては嬉しいところです。
ただし、公開する手札が無かった場合、カードのプレイは失敗しますので、ある程度の手札キープが必要とされます。カットインのハンデスは致命的。
評価:■■■■■□□□□□

今回の「黒」も微妙でした。
もっと直接的な効果を持ったパワーカードが欲しかったところです。
by gunplete | 2009-03-28 23:24 | Gundam War
忘 ねんきん 却
ども。Aceです♪

先日、馴染みの散髪屋に行ったところ、
いつもは漫画やゲームの話しかしない店員のお兄さんが、大人のお客さん相手に社会的会話を交わしていました。

さすが客商売と感心していたところ、話題の中心が年金問題へと変わっていきました。

年金ねぇ・・・。



・・・



・・・・・・



・・・・・・・・・年金?
f0068683_129232.jpg
「ねんきん特別便」の回答を忘れてた!!


昨年の春に送られてきた「ねんきん特別便」ですが、
回答しようしようと思いつつ、ついつい忘れていましたよ。

今から回答しても間に合いますか?
私の年金は消えて無くなりませんよね?
by gunplete | 2009-03-27 01:42 | etc.
「武神降臨」私的評価 -緑編-
ども。Aceです♪

ガンダム・ウォーの最新作「武神降臨」について、引き続き私的レアカード評価を行っていきたいと思います。

今日は「緑」です。

U-331 ビグ・ザム
このカードは、破壊されず、敵軍効果では移動しないので、実質上は無敵を意味しますが、(5国力以下の自軍カードを破壊することで)アッサリとテキストがオミットされてしまいます。
そういった意味で、信頼性の低いカードです。
評価:■□□□□□□□□□

O-128 攻勢の機運
ユニットが場に出る度に、3点火力のコインを得るスーパーカード。
自軍ターン・敵軍ターンを問わず、ユニットのプレイ、換装、ユニットコインの発生等々、ユニットが場に出る度にコインが発生します。(ただし、コインを得るのは1ターンに1回のみ。)
これ1枚でウィニーデッキが死滅します。
これほどの効果を持ちながら、1国力でプレイ可能!! デッキ投入確定!!
評価:■■■■■■■■□□

U-00-20 オーバーフラッグ
「ブースト」「速攻」を持った優秀なユニットでありながら、コイン以外の自軍ユニットが交戦する度に、「オーバーフラッグコイン」(=「速攻」を持った[4/1/2]のユニット)を場に出し続けることが出来ます。
上記「攻勢の機運」との相性はバツグン。
このカードもデッキ投入確定か!?
評価:■■■■■■■□□□

U-00-23 アグリッサ
このカードと交戦中のユニット1枚の部隊、もしくは、キャラクターを含まない部隊の先頭のユニットに[*/±0/-2]を与えます。自身が「強襲」を持ってますので、効果発動後のダメージ貫通も期待出来ます。
また、「AEUイナクト」から換装出来ますので、奇襲ブロックも可能。
「特殊兵装(プラズマフィールド)」を持ち、「プラズマフィールド」の効果で、敵軍ユニットをバウンスすることも可能。
かなり好戦的にデザインされたグッドカードだと思います。
評価:■■■■■□□□□□

CH-00-15 アリー・アル・サーシェス
「クイック」と高い戦闘修正を持った優秀なキャラクター。
(このカードが場にある場合、)敵軍プレイヤーは、自軍攻撃ステップにユニットを出撃させなかった場合、G以外の自軍カード1枚を破壊しないといけません。もし、リロールインのユニットを持ち合わせていなかった場合、このカード1枚でエンドゲームが発生しかねません。
また、戦闘フェイズ限定で、自軍ハンガーに瞬時に帰還する能力を持っていますので、破壊や移動に対しての耐性もバツグン。
制圧力の高い極悪なカードだと思います。
評価:■■■■■■□□□□

C-00-9 偏執的な愛
名称「ガンダム」である敵軍ユニットがいる場合、「グラハムコイン」(=「速攻」を持った[5/1/2]のユニット)を場に出すことが出来ます。「グラハムコイン」はキャラクターがセットされたユニットとして扱うので、一方的に「ガンダムエクシア」を倒すことが可能です。
強いと言えば強いのですが、相手のデッキ次第にもよりますので、メイン向きのカードではありません。
評価:■■□□□□□□□□

今回の「緑」は豊作ですね。
特に「攻勢の機運」「オーバーフラッグ」が優秀すぎます。
緑のデッキに変革の時代が到来する予感がします。
by gunplete | 2009-03-26 23:48 | Gundam War
「武神降臨」私的評価 -青編-
ども。Aceです♪

ガンダム・ウォーの最新作「武神降臨」について、恒例の私的レアカード評価を行っていきたいと思います。

今日は「青」です。

U-378 量産型νガンダム
「ブースト」「サイコミュ②」「特殊兵装(インコム)」「特殊兵装(フィン・ファンネル)」と、特殊効果のオンパレードですが、どれも単体では効果を発揮しません。
また、このカードのセットグループのカード1枚を破棄することで、ユニット1枚を[+3/+3/+3]することが出来ます。「特殊兵装」との相性はバツグン。最悪、このカード自身を破棄することでもパンプアップ効果は得られます。
なお、2つの「特殊兵装」を持ってますが、どちらか片方が満たされていれば、もう片方の効果は使用出来ません。
評価:■■■□□□□□□□

U-380 ZプラスC1Bst型
単体では、まったく戦力を期待出来ませんが、このカードが攻撃に出撃した場合(または、交戦中となった場合)、自軍本国の上のカード5枚を見て、「特徴:Bst」を持つユニットを抜き出して、場に出すことが出来ます。後述の「Sガンダム(ディープ・ストライカー)」を早出しするためのカードですね。
評価:■■□□□□□□□□

U-381 Sガンダム(ディープ・ストライカー)
「高機動」を持った超大型MA。
このカードの部隊が戦闘ダメージを与えた場合、その部隊戦闘力と同じ値のダメージを配備エリアにいるユニットに振り分けて与えることが出来ます。この効果は、本国へのダメージ貫通を条件としていません。交戦しただけでも効果は発動しますし、自軍戦闘フェイズ・敵軍戦闘フェイズでも効果は発動します。ただし、1体のユニットに与えられるダメージは5までとなっていますので、オーバーダメージをきちんと振り分けて与えることが出来ない場合、効果の起動は失敗します。
かなり制圧力の高いユニットですが、上記「ZプラスC1Bst型」による早出しが前提とされます。
評価:■■□□□□□□□□

CH-229 ハサウェイ・ノア
このカードが敵軍効果で場から離れる場合、自軍ジャンクヤードにあるユニットを無条件で場に出し、そのユニットに飛び乗ることが出来ます。焼きカード、破壊カード、リセットカード、バウンスカードに対して、かなり高い耐性を持っていますが、自軍ジャンクヤードにユニットがあることが前提となっています。
またクイックを持っていますので、奇襲性もバツグンです。
なお、「MF」を持つユニットに飛び乗ることも可能ですので、茶色との混色で使用するのも面白いかもしれませんね。
評価:■■■■□□□□□□

C-144 戦略的勝利
(自軍配備フェイス限定で、)全ての敵軍オペレーションを破壊し、破壊したカードの枚数だけドローすることが出来ます。強力と言えば強力ですが、個人的には「三段構え」「周辺警護」を優先したいですね。
評価:■□□□□□□□□□

O-149 ブースターユニット
兵装オペレーション。
上記、「ZプラスC1Bst型」「Sガンダム(ディープ・ストライカー)」からサーチ可能。
このカードを破棄することで、手札及びハンガーにある「特徴:Bst」を持つユニットを場に出すことが可能です。前述の「Sガンダム(ディープ・ストライカー)」を早出しするためのカードですね。
評価:■□□□□□□□□□

今回の「青」は、ハッキリ言ってハズレですね。
ブーストの手段が充実しているとは言え、あえて「Sガンダム」を使うことのメリットは極小だと思います。
ロマンはありますけどね。
by gunplete | 2009-03-25 23:37 | Gundam War
第24話 俺は、俺だぁーっ!!(サーシェス)
ども。Aceです♪

「機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)」の第24話を観ました。

またしても冒頭からクライマックスに突入。
ルイスの【レグナント】が【ダブルオーライザー】を強襲。
「もう逃げられないぞ!! ガンダム!!」(ルイス)

・・・最近、アバンタイトルにクライマックスを持ってくるパターンが多いですね。
30分の内容が濃いこと。濃いこと。

★シーン①:スメラギ×ビリー
イノベイターに世界を委ねることが平和に繋がると力説するビリーさん。
・・・言われてみれば、ごもっとも。
・・・イノベイターに管理された世界も悪くないんじゃない? ダメなの?

でも、結局はスメラギさんの色香にメロメロのビリーさん。
・・・スメラギさんって、ズルいよなぁ。ビリーさんが弄ばれてるんですけど。


★シーン②:ティエリア×リボンズ
リボンズに頭を撃ち抜かれるティエリア。
死んじゃったの? なんとも惨い末路です。

・・・でも、ティエリアの意識は健在。
無人の【セラフィムガンダム】が、トライアルフィールドを解放し、全ての敵性マシンの機能を停止させます。(ヴェーダの奪還?)


★シーン③:ロックオン×サーシェス
【セラフィムガンダム】によって機能を停止された【アルケーガンダム】ですが、サーシェスは、持ち前の逃げ足でスタコラサッサ。

・・・それを狙撃するロックオン。
ティエリアといい、サーシャスといい、メインキャラが相次いで銃殺刑です。
パイロットなら、せめてモビルスーツ戦で最後を迎えたいところ。


★シーン④:刹那
刹那君の覚醒が留まるところを知りません。
「みんなの命が消えていく・・・。そんなこと、させるかーっ!!」(刹那)

【ダブルオーライザー】のトランザムバーストが解放され、GN粒子で戦場が包まれます。
・・・まるで月光蝶そのものですね。


★シーン⑤:沙慈×ルイス
再会を果たす二人をGN粒子の光が包み込む。

「・・・ねぇ。この暖かな光はなに? 心が溶けていきそうな・・・」(ルイス)

「刹那だよ」(沙慈)

「・・・せ・つ・な?」(ルイス)

「そうだよ。彼の心の光、末来を照らす光だ」(沙慈)


★シーン⑥:逆襲のリボンズ
そして、御大将リボンズが、お約束のビックリドッキリメカを従えてご登場。
相変わらず趣味の悪いメカですね。

こんなのサクっと倒しちゃって、感動の大団円を迎えちゃってください。

・・・でも、やっぱり、最後にはあのKY野郎が乱入してくるんでしょうね。
by gunplete | 2009-03-24 23:57 | GUNDAM
今週のジャンプ
ども。Aceです♪

新日本プロレスのニュージャパンカップは、後藤洋央紀が優勝しましたが、今週のジャンプいってみましょう。

●ワンピース 第536話
やっとの思いでレベル5まで到達したルフィですが、もはや瀕死状態。この絶望的な状況で、ボンちゃん大活躍です。ボンちゃん、男らしいじゃないですか!! オカマだけど!! ・・・この地獄の底で《奇跡》は起こるのでしょうか? ・・・ちなみに、囚人リストに「パンダマン」の名前が!?

●ナルト 第440話
ナルトと四代目火影との親子の再会ですが・・・あんまり感動しないのは何故? なんか後付けの設定みたいに思えるんだよなぁ。当初から、こんな設定だったの?

●トリコ 第42話
リンのやってることが裏目裏目に働いてますね。・・・余計なことを。

●ブリーチ 第350話
・・・本編はさておき、カラー扉にゾッコンです♪ ・・・脚フェチにはたまりませんよね。これはエロいよなぁ~。

●バクマン。 第30話
福田さん、熱いですねぇ。こういう熱い兄貴キャラはナイスだと思います。・・・でも、いくら少年誌でも「チ○カス野郎」はNGっしょ!? 少年誌でも女性の読者は多いんですよ?

●ぼっけさん 第13話
殺戮兵器「赤牛」の菩怪が解放されましたが、どうやら不発に終わったようです。・・・なんか、「ギャルのパンティ、お~くれ」みたいな感じになってませんか?

●アイシールド21 第322話
セナとパンサーのファーストコンタクトです。阿含のようなムーブメントでパンサーを抜き去るセナが、まるで別人のように思えましたね。

今週のジャンプ
満足度 ★★★☆☆
サマンドラー!! サマンドラー!!
by gunplete | 2009-03-23 23:23 | comic
【展開率低下の巻】SCS 3/22
ども。Aceです♪

GWの大会に参加してきました。
今日のデッキも、「赤茶スローネ」です。
・・・最近、忙しくてデッキ構築の時間が無いんだよなぁ。
参加者は24名でした。

1回戦 対『黒赤ダブルオー』 ○××
1セット目
相手の展開が遅れているうちに場を整え、「スローネドライ」&「ギリ」から「トリニティ」「月光蝶」へ繋いだところで、相手投了。
2セット目
順調に場を仕上げていきますが、こちらのユニットが「転向」「大胆な計画」で奪われてしまい、なかなか展開率が上がりません。一方、相手に「Oガンダム」「ガンダムキュリオス(デュナメス搭乗時)」を配備され、「報復行動」を撃たれてしまいます。さらに大幅に展開率を疎外されたところで、「Oガンダム」&GNコインにボコられてしまいます。合掌。
3セット目
G事故発生。4~5ターン無駄な時間を過ごしたのち、なんとか4Gまでそろえますが・・・「報復行動」で再び振り出しに戻る。・・・もうイヤ。

2回戦 対『茶単MF』 ○○-
1セット目
序盤、「Oガンダム」で、相手の捨て山をパクパク。
中盤、「スローネツヴァイ」&「ギリ」を完成させて、「月光蝶」を発動。その後、相手の「ゴッドガンダム」&「シュバルツ」が迎撃にきますが、Gで膨れ上がった手札から、ファング10点ダメージで粉砕。(・・・そこは1ターン我慢しないと。)
横綱相撲で勝利をゲット。
2セット目
「Oガンダム」で、相手の捨て山から「ゴッドガンダム」&「シュバルツ」を拝借。
その後、「スローネアイン」、「スローネツヴァイ」&「ギリ」、「スローネドライ」&「刹那(22弾)」、「ゴッドガンダム」&「シュバルツ」を展開。
・・・ここまで展開したら負ける要素はありませんよね。

3回戦 対『緑単中速』 ××-
1セット目
いきなり「攻勢の機運」「ゼロ距離射撃」を張られてしまい、嫌なムード全開。
その後、予想通り、各種焼きカードの洗礼を受けて惨敗。
2セット目
G事故発生。こちらの展開が大きく出遅れてしまいます。
終盤盛り返しを試みますが、「ゼロ距離射撃」&「衛星ミサイル」のサイクルが完成していたので、成す術なし。

4回戦 対『白単PS装甲』 ×○○
1セット目
G事故発生。ほぼ何も出来ないまま敗北。
2セット目
序盤、「Oガンダム」で、相手の捨て山をパクパク。
中盤、「スローネツヴァイ」&「刹那」を完成させて、「月光蝶」を発動。勝ちムード全開でしたが、途中で「ヴォワチュール・リュミエール」から「ウイングガンダムゼロ」に武力介入されます。なんとか、「刹那」の効果でテキストを消せたから良かったものの、下手すれば逆転負けもあり得たかも。
3セット目
相手に「選ばれた末来」を配備され、「月光蝶」が封じられてしまいます。
その後、「ウイングガンダムゼロ」「ガイアガンダム(MA形態)」「フリーダムガンダム(ハイマット)」を展開されますが、こちらも「スローネアイン」「スローネツヴァイ」「スローネドライ」で対抗。「スローネドライ」で相手ユニットのテキストを消して、「スローネツヴァイ」で弱体化させ、「スローネアイン」で抹殺。ジャンクに落とした「ウイングガンダムゼロ」は「出土品」で没収。
かなりの長期戦(消耗戦)のうえ、制限時間いっぱいで、かろうじて制圧完了。「ウイングガンダムゼロ」は、かなりの極悪カードですね。

5回戦 対『黒茶恫喝MF&Oガンダム』 ××-
1セット目
序盤、両者「Oガンダム」を配備し、お互いの捨て山をパクパク。
しかし、中盤以降、こちらの展開力が大きく出遅れてしまいます。結局は、「Oガンダム」×2体、「シャイニングガンダム」&「ドモン」に制圧されてしまいます。
2セット目
またしてもG事故発生。・・・今日は厄日ですか?
「シャイニングガンダム」&「バードマン」からの「恫喝」を決められて、オサラバで御座います。

結果、2勝3敗でランク外でした。
今まで良い感じで回っていたデッキですが、今日はG事故ばっかりで、本来の立ち回りが出来ませんでしたよ。
浮き沈みの激しい結果に自己嫌悪してしまいます。
by gunplete | 2009-03-22 23:39 | Gundam War