<   2007年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
ヨガエハッチョが来る・・・
ども。Aceです♪

少年チャンピョンコミックス「不安の種+」の第2巻が発売されました。

・・・この漫画は、短編ホラー漫画です。
私のように「怪談新耳袋」の類が好きな人にとっては、すんなり受け入れられるだろうとは思いますが、反面、「オチが無い」「薄気味悪い」「後味が悪い」と感じてしまう人もいるだろうと思いますので、あまりオススメは出来ません。

内容としては、「日常の中に潜む非日常」「怪奇・怪異」といった出来事が、1話3~5ページ程度に綴られているもので、前述のとおりオチはありません。
表現し難いような気持ち悪い描写で不快感に陥ってしまうような漫画です。
(・・・でも、割りと好感の持てる画風ではあります。)

・・・ただ、内容が内容だけに、どうしてもマンネリ化の傾向があるような気がしました。
前巻のようなインパクトは感じられなかったですね。


ちなみに、この漫画は8割がフィクションらしいです。
・・・2割はリアルってことですか? ゾォ~っとしますね。
by gunplete | 2007-12-11 23:22 | comic
今週のジャンプ
ども。Aceです♪

「ジャンプSQ.」は、立ち読みで十分だと思いますが、今週のジャンプいってみましょう。

●ワンピース 第481話
ゲッコー・モリア、最後の大勝負。ルフィを含む1000体分のカゲを取り込みました。もはや人間技ではありません。バケモノそのものです。恐すぎる!! ・・・でも、この展開は典型的な自滅パターンですよね。一撃で決まるか?

●ナルト 第381話
いきなりの場面転換です。この自来也の結界って、蛙の胃袋の中ですか? いつの間に取り込んだんですかね? ・・・それにしても、「こいつは長門だ!!」「こいつは長門じゃない!!」って、一人で何を盛り上がってるんだか。どっちなんですか? このグダグダ展開はどうにかなりませんかね?

●ブリーチ 第303話
あまりキャラクターに魅力が感じられない漫画ですが、マユリ隊長だけは、独特の雰囲気を醸し出していますよね。なんか、しばらく見ないうちに随分と丸くなったというか、毒気が消えたというか・・・。

●アイシールド21 第261話
何故に!? 何故にこんなところでデビルバットダイブ!? 暴挙としか言いようがありません。ここはランでしょう!? ・・・結局、栗田が覚醒したから「良し」なんでしょうけど。

●HUNTER×HUNTER 第270話
プフが壊れていく~。汁、出まくってますねぇ。お茶目さんですねぇ。・・・それと、イカルゴがイカしてますねぇ。何が「貸し」なのか、ちょっと理解に苦しみますが、雰囲気はグッドです。イカしてますよ。イカルゴ。・・・そして、期限付き連載も今週で終了。来週から、また終わりの無い休載がスタートします。いっそ「ジャンプSQ.」で連載した方が良いんじゃないの? ・・・何はともあれ、お早いお帰りをお待ちしております。

今週のジャンプ
満足度 ★★★★☆
むしろミサミサのスピンオフを希望。
by gunplete | 2007-12-10 23:43 | comic
【馬軍団の巻】SCS 12/09
ども。Aceです♪

GWの大会に参加してきました。
今日のデッキは、茶単・流派東方不敗です。
参加者は9名でした。

1回戦 対『青赤換装F90』 ××-
1セット目
「ドッキングパターン」で常時換装を得たF90軍団が止められなくて敗北。
2セット目
1セット目同様に成す統べなく敗北。「F90ⅡI」をどうやって防げば良いの?

2回戦 対『黒単速攻』 ×○○
1セット目
「報道された戦争」2枚撃ちで、序盤から手札が崩壊。その後、「決戦」「特攻」でボコられて敗北。
2セット目
サイドから「連鎖反応」「十二王方牌大車併」をチョイス。これがドンピシャ。
「連鎖反応」で相手ユニットを封じ込めて、MFでボコボコに。途中、「決戦」を使われ、相討ちを狙われましたが、「十二王方牌大車併」で瞬殺。
3セット目
序盤から攻め込まれますが、「風雲再起」2体の速攻アタックに相手は尻込み状態。その隙に順調に場を仕上げていきます。
終盤になって「ギャプラン(ブースター)」を出されますが、「暗礁空域」セットで、相手の戦意を奪います。最後は、「シャイニングガンダム(スーパーモード)」&「風雲再起」で完封。

3回戦 対『青茶バカンスデート』 ××-
1セット目
こちらG事故でストップしている間に、「ギンガナム襲来」&「第7次宇宙戦争」を決められ華麗なる敗北。
2セット目
MF軍団で序盤から殴りにかかりますが、「A.W.」&「ガンダム試作4号機」のコンボを決められ華麗なる敗北。

結果、1勝2敗でランク外でした。
どうも最近は負け癖がついてしまったようです。勝てませんねぇ。

「シャイニングガンダム(スーパーモード)」&「風雲再起」ですが、単体ではそれほどでもないので、ちょっと使い難いような気がしました。
「怒りのスーパーモード」も微妙でしたね。
by gunplete | 2007-12-09 23:31 | Gundam War
第10話 イイ度胸だな!! 女っ!!(アレルヤ)
ども。Aceです♪

「機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)」の第10話を観ました。

冒頭では、晴着のルイスが沙慈をお出迎え。
そして、ルイスの母に門前払いを喰らう沙慈。
・・・がんばれ、沙慈。きっと5人目のガンダムマイスターになれるさ。

一方、超兵1号ことソーマ・ピーリスと接触したアレルヤが、またしても悶絶。
なんで、こんなに敏感なんでしょうか?
そして、【ガンダムキュリオス】がアッサリと鹵獲されてしまいました。

ティエリア「なんということだ!! 万死に値する!!」
・・・相変わらず、恐いですね。ティエリア。

そして、欲張りな荒熊さんの目標は、【ガンダムヴァーチェ】に移行。
それにしても、【ヴァーチェ】のGNフィールドって便利ですよね。全方位バリア?

・・・そして、ティエリアの瞳が金色に光ったと思ったら、
・・・装甲が次々とパージされていき、
・・・真紅の髪の毛を翻す女性のようなフォルムのガンダムが登場!!

その名も、ガンダムナドレ!!

まるでノーベルガンダムじゃないですか!?
まさかのビックリドッキリメカです!!

ティエリア「俺は・・・僕は・・・私は・・・」
・・・まるで裸を見られたような屈辱のティエリアですが、一人称が「私」になっています。
もしかして、ティエリアって女の子ですか?

一方のアレルヤですが、どうやら第2の人格が目覚めてしまいました。
アレルア「今ごろ走馬燈で、子供の頃からやり直してる最中かぁ?」
血走った眼で、ミン中尉のティエレンを蟹バサミ!!
そしてコクピットを焼き斬るといった暴挙に!!
・・・どうしちゃったのよ!? この獰猛っぷりには引いてしまいますよ。

ミン中尉「敵討ち願います!!」
哀れミン中尉。
敵ながら天晴な最期ですが、なんとも殺され方が不憫でなりません。合掌。


・・・結局は、アレルヤもティエリアも無事だったようですが、二人とも号泣。
何故かスメラギさんも号泣。

今回は、なんとも激しい内容でしたね。
by gunplete | 2007-12-08 23:23 | GUNDAM
4×5
ども。Aceです♪

ヤンジャンコミックス「リアル」の第7巻が発売されました。

新生タイガースの東京都予選大会が始まりました。
いよいよもってバスケ漫画らしくなってきたところです。

有力な新メンバーを加えて生まれ変わった主人公チーム。
主人公の必殺技特訓。
1回戦の対戦相手は常勝チーム。
負けたら主人公の脱退が確定。

・・・この燃えるシチュエーション。普通のスポコン漫画だったら、劇的に主人公チームの勝利に終わるところですが、本作ではあえなく敗退。
・・・これが「現実」です。

敗北と挫折を繰り返して、人間的に成長していく等身大の青年達がこの漫画には描かれています。そこがこの漫画の醍醐味ではないでしょうか?

・・・でも、やっぱり、タイガースには勝って欲しかったですねぇ。残念。
by gunplete | 2007-12-07 01:17 | comic
光の鷹
ども。Aceです♪

「ベルセルク」の第32巻が発売されました。

・・・待ちに待った最新刊ではありますが、ここ最近の展開が足踏み状態であるため、イマイチ内容が良く飲み込めませんでしたね。
お恥ずかしながら、2~3巻前から読み直してしまいましたよ。

・・・と、それはさて置き、今回はガッツ&ゾッド(&シールケ)の最強コンビが誕生します。
ゾッドって、すっかり「イイ奴」になっちゃったみたいですね。

そして、クシャーンの大群と「新・鷹の団」の対決。
グリフィスにかかれば、クシャーンの大群だろうと、大帝ガニシュカだろうと、子供同然ですね。さすがゴッド・ハンド。
さっさとガニシュカに止めを刺せば良かったのに。なんで見逃したのかな?
ガニシュカで、もうちょっと引っ張るつもりなのかしら?
(・・・いい加減、次の展開に進んで欲しいなぁ。)

それにしても、グリフィスはみるみる素敵になっていきますねぇ。
男目線でもウットリしちゃいますね。

・・・ところで、今回は大群同士の戦闘シーンが多かったせいもあり、いつにも増して大コマが使われていたような気がします。
こういった何万人といった兵士の隊列を見ると、・・・きっとアシスタントに描かせてるんだろうな~・・・なんて、思ってしまうのは私だけでしょうか?
by gunplete | 2007-12-06 23:15 | comic
★夜会★
ども。Aceです♪

GWの最新弾「EXTENSION BOOSTER 2」環境下で、初のブードラに参加しました。
驚きの22時に試合開始!!

理想通りのデッキが組めましたが、善戦空しく、3位に終わってしまいました。
「ガンダム(スーパーナパーム装備)」が、どうしても突破出来ないんですけど。

・・・ところで、「EXTENSION BOOSTER 2」は品薄状態がしばらく続くそうで、年内再販は未定だそうです。お求めはお早めに!!
by gunplete | 2007-12-05 23:30 | Gundam War
第9話 戦術予報士のセリフですか、それ?(アレルヤ)
ども。Aceです♪

「機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)」の第9話を観ました。

冒頭、礼服のロックオン兄さんが登場。誰の墓参りなのかな?
・・・って言いますか、ロックオン兄さんが二人!? 双子ですか!?

そして、ソレスタルビーイングの母艦【プトレマイオス】では、ハロの兄弟達がロックオン兄さんをお出迎え。まるでラクスのようですね。

ところで、【プトレマイオス】には、艦長という存在はいないのでしょうか?
てっきりスメラギさんが艦長だと思っていましたよ。

スメラギさんは、戦術予報士だそうです。
素直に「艦長」で良いんじゃないの?

そして、先週の刹那君に続いて、ロックオン兄さんも本名を暴露しちゃいました。
この分だと、近いうちにアレルヤも暴露しそうですね。
(・・・ティエリアは、ガードが固そうだなぁ。)


それにしても、ロシアの荒熊ことセルゲイ・スミルノフは渋いですねぇ。
敵役ながら、こういったキャラクターは好感が持てますね。
by gunplete | 2007-12-04 22:43 | GUNDAM
今週のジャンプ
ども。Aceです♪

小橋の精密検査の結果は「良好」のようですが、今週のジャンプいってみましょう。

●ワンピース 第480話
ルフィ海賊団、渾身のコンビネーションアタックが炸裂!! だから、最初から「ギア3」で事足りたんですよ。ナイトメアは余計にルフィを疲れさせただけなんじゃないの? ・・・で、肝心のモリヤは、既にご臨終ですか? 七武海ですよ・・・ねぇ?

●銀魂 第192話
・・・もうグダグダですね。結局、下ネタで無理矢理オトしちゃってるし。今回のシリーズって、一体、何を目指していたんでしょうか? こういったものが続くようだと、この漫画も見損なわざるを得ないでしょう。

●アイシールド21 第260話
QBセナの新生デビルバッツの出陣なんですが・・・なんか、拍子抜けですね。セナもビビッてないで、爆走しちゃえば良いのに。ヤレヤレです。・・・それにしても、峨王さんの怪力も、だんだん陰りが見え隠れしちゃってます。小結にまで耐えられるなんて・・・ねぇ?

●HUNTER×HUNTER 第269話
なんか、シュートがイイ感じじゃないですか!? こんなにも凛々しい表情出来たんですね。別人みたいです。・・・そして、なんと言ってもキルア。キルアの「殺し」にはゾクっとするものがありますね。カッコイイなぁ。

今週のジャンプ
満足度 ★★★☆☆
お仕置きスライムはお約束ですか?
by gunplete | 2007-12-03 23:57 | comic
復 おかえりなさい 活
ども。Aceです♪

本日、プロレスリング・ノアの武道館大会において、
小橋建太選手の復帰戦が行われました。

腎臓癌のため長期欠場を余儀なくされた小橋選手ですが、実に546日ぶりのリング復帰とあって、ノア史上最多17,000人の観客が武道館に集まったようです。
(私は、CS生放送で観戦しました。)

小橋建太復帰戦 タッグマッチ 60分1本勝負
三沢光晴・秋山準 × 小橋建太・高山善廣


結果として、三沢社長の雪崩式エメラルド・フロウジョンによって、小橋は轟沈するわけなんですが、25分間小橋コールが鳴り止まないような感動の試合でした。

中盤、小橋のマシンガンチョップで、解説の本田選手も号泣。
かつて、三沢×小橋の三冠戦を解説していた馬場さんが号泣したのを彷彿とさせます。

私としては、小橋のパートナーを務めた高山の優しさにグッときましたねぇ。

三沢にもうちょっと遠慮が欲しかったところではありますが、・・・まぁ、現役チャンプが負けるワケにはいかないので、この結果は打倒でしょうねぇ。

三沢のフォール後に、実況が「小橋が勝ったーっ!!」って叫んだときには、一瞬「???」になりましたけど、そのあと、「小橋が病気に勝ったーっ!!」って言い直しましたね。
(そんなイイ加減な実況、許されるのか?)

試合後、小橋選手は、
「病気や悩みを抱える人たちに勇気を与えたい」
「プロレスラーとしての答えを探してリングに戻ってきた」
・・・と、力強いコメントを残してくれました。感無量です。

・・・でも、明日、改めて精密検査を行って、その結果によって今後の方向性が決まるみたいです。本当の復活は、まだこれからといったところでしょうかね。


何はともあれ、小橋建太選手、復活おめでとうございます。
やっぱり、プロレスって最高ですね。
プロレス好きで良かったと思える瞬間でした。
by gunplete | 2007-12-02 23:45 | fight