2009年 09月 09日 ( 1 )
ゼロ師匠
ども。Aceです♪

ヤンマガコミック「頭文字D」39巻が再発売されました。
乱丁騒ぎがあり、一時はどうなるかと思いましたよ。

さて、本編では神奈川ラウンド第3戦に突入。
今回の相手はチーム・スパイラルです。
リーダーの池田は坊主だとか。
無の境地(ゼロ理論)を提唱する堅物です。

「走ることとは何だ・・・?」(池田)
「マゾの証明」(啓介)
「顔を洗うのと同じ日常」(拓海)
「夢」(涼介)

・・・3人ともマジメに答えてるんですか?
啓介に至っては意味不明ですよ。ヤレヤレ。

最近は、個性のないライバルが多い中、池田は存在感を発揮出来てると思います。
直前に戦った小早川や皆川なんて、全然記憶に残りませんでしたから。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

一方で、「死神」と呼ばれる走り屋が登場。
彼(?)のスタイルは、デンジャラス真吾も裸足で逃げ出すようなキラーっぷりです。

どうやら涼介に恨みを持っているらしいのですが・・・。


展開的にマンネリの傾向にあった「イニD」でしたが、なかなか楽しみな展開になってきました。
まだまだゴールラインは遠そうですね。
by gunplete | 2009-09-09 23:44 | comic