2008年 01月 17日 ( 1 )
「エクステンションブースター2」私的評価 -黒編-
ども。Aceです♪

引き続き、ガンダム・ウォーの最新作「エクステンションブースター2」について、恒例の私的レアカード評価を行っていきたいと思います。

今日は「黒」です。

U-176 ギャプラン(ヤザン・ゲーブル機)
このカードの部隊が戦闘ダメージを与えた場合、相手の手札を無作為に1枚破棄することが出来ます。この場合の戦闘ダメージは、相手本国のみならず、相手ユニットに与えた場合でも大丈夫ですので、出撃さえすればハンデスが狙えるということです。当然、相手ターンでもハンデスを狙えます。
ただし、このカードが交戦状態になった場合、自軍本国の下のカードが1枚破棄され、そのカードがGだった場合、このカードは自動で破壊されてしまいます。この効果の解決は防御ステップの規定の効果に行われるので、運悪く破壊された場合、上記のハンデスは実行されません。さらに、防御失敗でダメ判を迎えてしまいます。
「内部調査」でもあれば、デメリットを無視して運用出来ると思います。
評価:■■■□□□□□□□

U-177 ゼク・アイン(トッシュ・クレイ機)
チーム「ニューディサイズ」を持った貴重なユニット。
手札にある「ニューディサイズ」のユニットを(通常のコストを支払って)場に出すことが出来るので、同名チームデッキには必須と思われます。
また、黒の指定国力(ヴァリアブル可)を持ったコマンドカードがプレイされた場合、自軍本国を2点回復することが出来ます。この効果はチーム効果なので、場合によっては驚きの回復力が期待出来ます。また、相手が黒の指定国力を持ったコマンドカードをプレイした場合でも回復することが可能です。
評価:■■■□□□□□□□

U-178 ガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ](ギガンティック・アーム・ユニット装備)
このカードと交戦する、(手札+1)以下の合計国力を持った全ての敵軍カード(セットカード含む)は破壊されてしまいます。
強襲を持っていますので、上記効果の及ぶユニットでは防御出来ないことになります。実際、ユニットは破壊されないが、セットされた低国力キャラクターのみ破壊されるといったこともあり得ます。
強いとは思いますが、換装元になるユニットがまだカード化されていないので、活躍の場はもうちょっと先になりそうです。
それにしても長い名称ですね。
評価:■■■□□□□□□□

CH-93 ヤザン・ゲーブル
このカードが攻撃に出撃した場合、もしくは交戦中の場合、敵軍プレイヤーはユニットとキャラクターの持つ自動以外の効果をプレイすることが出来なくなります。
この効果は敵軍プレイヤーに対する効果ですので、「アカツキ」のテキストを封じることも可能です。
環境次第では刺さるカードだと思いますが、微妙。
評価:■■□□□□□□□□

C-75 凄惨な結末
ダメージを受けている全ての敵軍ユニットを破壊することが出来ます。
このカード単体では、なんの意味も持ちません。「ジオン掃討作戦」等と組み合わせることが前提ですが、合計国力が低いので、コンボに組み込み易いと思います。
「黒い三連星」「ハイゴック」「ザクⅠ・スナイパー」といった緑の火力カードとのコンボはいかがでしょうか?
評価:■■□□□□□□□□

O-76 奥の手
肉を斬らせて骨を絶つカード。自軍カードを破棄することで、自軍本国が受けた戦闘ダメージを相手ユニットに返上することが出来ます。
破棄するカードは、当然「武力による統制」でしょう。
強いと言えば強いのですが、「ガンダム(ラストシューティング)」には無意味だったりします。
評価:■■□□□□□□□□

U-Z94 トムリアット(クロノクル・アシャー機)
1国力で2/1/2、さらにクイック持ちとあっては優秀と言わざるを得ないでしょう。
また、このカードが戦闘エリアにいる場合、艦船・拠点を持ったユニットを破壊し、自身をパンプアップすることが出来ます。この効果はエリアとプレイヤーを選びませんので、自軍配備エリアの拠点を破壊してもOKです。
最近はドロー拠点の入ったデッキが多いので、活躍の場は広いと思います。
白の「サンクキングダム」とのコンボは華麗だと思います。
評価:■■■■□□□□□□

今回の「黒」は微妙ですね。
決して弱いカードではないと思いますが、イマイチ魅力に欠けます。
by gunplete | 2008-01-17 23:59 | Gundam War