2006年 08月 29日 ( 1 )
愛は地球を救う
ども。Aceです♪

DVD「トップをねらえ2」の第6巻(最終巻)が発売されました。

前回のエンディングがかなり消化不良(・・・と、言いますか、最終話への布石が多すぎる)だったので、私的には今回の第6話にはかなり期待していました。

また、最高傑作と謳われる「トップをねらえ」を継ぐ作品として、一体どういったオーラスを迎えてくれるのか、周囲の期待も高かったと思います。
あまりにも、前作「トップをねらえ」の最終話が、スケールが大きくて感動的であったため、今回の「トップをねらえ2」の最終話では、どういった手法で観る側のド肝を抜いてくれるのか、所謂これが本作の最大のテーマであったと思います。

そういった意味でも、この最終話「あなたの人生の物語」は、とても高いハードルを乗り越えなくてはならなかったのだと思います。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

と、ここまで前置きを書いた段階で、察しの良い人は、「最終話でコケたのか?」と感じたのではないかと思いますが、決して観る側をガッカリさせるような陳腐な結末ではなかったです。

人類最後にして最大の兵器「ドゥーズミーユ」の特攻なんかは、前作のバスターマシン3号(木星爆弾)を凌駕するほどの演出だったと思いますし、最終決戦のノノとラルクの奮闘はとても爽快で、心地良い気分でエンディングを迎えることができたと思います。

また、今回のこのエンディングがあったからこそ、前作の主人公「ノリコ」の孤独な戦いが報われるような気がします。改めてノリコに「オカエリナサイ」を贈ってあげましょう。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

・・・ただ、どうしても前作ほどの感動を感じることは出来なかったです。
どうしても前作のエンディングと比較してしまうんです。これは仕方がないんです。
続編の悲しい宿命だと思います。

・・・かと言って、前作をまるっきり度外視して、今作を語れるかと言うと、それは断じて「NO」です。前作があってこその「トップをねらえ2」であって、前作のエンディングがあってこそ、今回のエンディングがあるわけなんです。

・・・結局のところ、高すぎたハードルを越えることはできたが、そのハードルを越える姿に感動は生まれなかったということなんでしょうか? ただ越えただけというか・・・。
なんか、そんな感じがしました。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

まぁ、所見はこのくらいにして、冥王星消失記念として、
今週は引き続き「トップをねらえ2」を深く語っていきたいと思いますので、乞うご期待!!
by gunplete | 2006-08-29 01:56 | animation