「流転する世界」私的評価 -黒編-
ども。Aceです♪

ガンダム・ウォーの最新作「流転する世界」について、引き続き私的レアカード評価を行っていきたいと思います。

今日は「黒」です。

U-181 ゼク・ツヴァイ
強襲&高機動を持った大型ユニット。7国力ユニットですが、「チーム:ニューディサイズ」を持つユニットを破棄することで、5国力で場に出すことが出来ます。
また、手札を破棄することで、破棄したカードの合計国力以下のユニットを破壊することが出来ます。この効果は、配備エリアのユニットを対象に取ることも出来ますし、手札が続く限り何度も使用することが出来ます。
強いですが、やっぱり重さが気になります。
評価:■■□□□□□□□□

U-183 ガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ]
自軍ユニット、もしくはジャンクヤードのユニットを破棄することでパンプアップすることが出来ます。この効果は、相手ジャンクヤードのユニットを破棄してもOKです。運用次第では、怪物ユニットに化ける可能性を秘めています。
「ガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ]ギガンティック・アーム・ユニット装備」の換装元ユニットですが、換装することで、せっかくのパンプアップ効果がチャラになってしまいます。
換装する? しない?
評価:■■□□□□□□□□

C-76 宇宙が呼ぶ声
青国力を発生するヴァリアブルカード。
コマンドとしての効果は「カプセルの人質」と同程度。しかしながら、プレイのタイミングが攻撃ステップなため、キャラクターのセットにカットイン出来ません。残念。
評価:■■■□□□□□□□

C-79 暗殺
セットカードがセットされているカードを破壊することが出来ます。
単純なユニット破壊ならば「ザンネック・キャノン」の方が10倍使えますが、「アストナージ」のようなセットGを持つカードに対するキラーカードになります。
・・・でも、メインでの採用はあり得ないかな?
評価:■□□□□□□□□□

O-80 タイムリミット
セットされた直後に、自軍・敵軍のコントロールから外れてしまう珍しいオペレーション。
敵軍攻撃ステップ開始時にもカウントが進みますので、実質、セットした次のターンに効果が発動します。
「核の衝撃」「魂の輝き」の方が使い易いですが、この効果は自軍・敵軍効果とみなさないので、「敵軍効果の対象にならない」という記述を持ったカードに対しても有効となります。「アカツキ」だって焼けちゃいます。
同様に自軍「ガンダム(ラストシューティング)」を自爆させて、効果を誘発させることも可能です。
また、「敵軍カード(オペレーション)を破壊する」といったカードの対象にもなりません。でも、「カード(オペレーション)を破壊する」といったカードには無力です。
青戦用にいかがでしょうか?
評価:■■■■□□□□□□

U-Z97 リグ・シャッコー(カテジナ機)
「黒い覇道」の効果を内蔵した優良カード。
ユニットとしても、4国力・リロールイン・格闘4点・強襲は素晴らしいです。
採用確定か?
評価:■■■■■□□□□□

CH-64 カテジナ・ルース
自軍ユニットが受けたダメージ分だけ、相手ユニットの防御力にマイナス修正を与えてしまいます。よほどの戦力差がない限り、ほぼ相討ちが期待出来ます。
「不可視の盾」との相性はバツグンかと。
評価:■■■□□□□□□□

今回の「黒」は微妙ですね。
「リグ・シャッコー」「タイムリミット」くらいかな?
by gunplete | 2008-04-18 23:58 | Gundam War
<< 「流転する世界」私的評価 -赤編- 「流転する世界」私的評価 -緑編- >>