「流転する世界」私的評価 -緑編-
ども。Aceです♪

ガンダム・ウォーの最新作「流転する世界」について、引き続き私的レアカード評価を行っていきたいと思います。

今日は「緑」です。

U-320 シャア専用ゲルググ
クイックとリロールインを得た待望のシャア専用機。単体での運用には不安があるものの、後述の「赤い彗星」との強力なシナジーが期待出来る。
まず、このカードが場にある場合、自分ユニットが交戦中になれば、自軍ジャンクヤードの「赤い彗星」を回収することが出来ます。このカードが交戦する必要はありませんので、回収率はかなりのものかと。
また、手札にある「赤い彗星」を取り除くことで、敵軍オペレーション・キャラクターを破壊することが出来ます。
「赤い彗星」を常に手札にキープしながら、状況に応じて「4点火力」「オペ破壊」「キャラ破壊」が狙えるのであれば、これが弱いワケがありません。
評価:■■■□□□□□□□(「赤い彗星」があれば+3)

CH-182 ララァ・スン
このカードがセットされているユニットのサイコミュの効果を本国火力に変更することが出来ます。防御ステップの本国火力は地味に強力かと。
また、戦闘エリア1つを宇宙エリアに変更することが出来ますので、宇宙適正しか持たない「エルメス」でも、問題なくサイコミュを乱発することが出来ます。さらに、リングエリアさえも宇宙エリアに変更出来るので、対MF戦での活躍が期待出来るかもしれません。
評価:■■■□□□□□□□

C-129 赤い彗星
1国力で4点火力の焼きカード。
この効果は減殺することが出来ませんので、特殊シールドを貫通します。さらに、防御ステップに撃つことも出来ますので、ブロッカーの排除にも一役買っています。
ただ、ターン1枚制限なので、乱発は出来ません。
先述の「シャア専用ゲルググ」で用意に回収出来るのも素晴らしいです。
ちなみに、第1弾の「赤い彗星」と名称が同じですので、第1弾の「赤い彗星」も含めて3枚までしかデッキに投入することが出来ません。
評価:■■■■■□□□□□(「シャア専用ゲルググ」があれば+2)

C-130 義に殉ず
赤国力を発生するヴァリアブルカード。
コマンドとしての効果は「重爆撃機の転用」と同程度。ウィニーデッキに採用されても良いくらいコストパフォーマンスに長けるグッドカード。切り札ですね。
評価:■■■■■■□□□□

U-OO-4 AEUイナクト(デモカラー)
3国力で格闘4点+リロールインは優秀です。さらに、このカードが破壊された場合、2ドロー出来ますので、相討ち上等で運用出来ます。
緑は1~2国力のユニットと4国力のユニットが優秀ですので、その間を埋めるグッドカードではないでしょうか?
評価:■■■■■□□□□□

CH-OO-1 パトリック・コーラサワー
極端に偏った戦闘修正を持っているキャラクター。
このカードがセットされているユニットが破壊された場合、破棄される代わりに自軍ハンガーに移動することが出来ます。
破壊されることで効果を発揮する「AEUイナクト」や、場に出ることで効果を発揮する「ヤザンブラビ」「ティタガン」「リグ・シャッコー」との相性はバツグンかと思います。
評価:■■■□□□□□□□

O-OO-1 戦争に利する者
余剰Gを破棄することで、敵軍本国のカード1枚を自軍ハンガーに移すことが出来ます。
緑の場合、余剰Gは「ギレン・ザビ」の効果でユニット化したいところなので、正式採用は難しいかと思われます。(ハマれば強いとは思いますが。)
「民間ドッグ艦」で、相手カードを有効活用するのも面白いかと。
評価:■■□□□□□□□□

今回の「緑」は粒ぞろいでした。「赤い彗星」「義に殉ず」「AEUイナクト」は無駄が無くて、即デッキに採用しても良いと思われます。
ただ、「ブリッツクリーク」が制限されたことにより、緑単中速デッキは弱体化が余儀なくされましたので、しばらくは冬の時代となりそうな予感がします。
by gunplete | 2008-04-17 22:58 | Gundam War
<< 「流転する世界」私的評価 -黒編- 「流転する世界」私的評価 -青編- >>