「エクステンションブースター2」私的評価 -紫編-
ども。Aceです♪

引き続き、ガンダム・ウォーの最新作「エクステンションブースター2」について、恒例の私的レアカード評価を行っていきたいと思います。

最終日は「紫」です。

U-OO-2 ガンダムデュナメス
自軍・敵軍の場を含めて1種類の国力が3以上であった場合、リロールインでプレイすることが出来ます。自軍が混色で、敵軍が単色だった場合は、リロールインの可能性が高くなります。また、自軍と敵軍の国力が1つでも重複した場合、リロールインは確定です。
また、このカードが攻撃に出撃した場合、敵軍本国若しくは敵軍ユニット1枚に2ダメージを与えることが出来ます。この効果は、自動Dですので、カットインすることが出来ません。
評価:■■■■■■□□□□

CH-OO-2 ロックオン・ストラトス
このカードがセットされたユニットの効果で敵軍ユニットにダメージを与えた場合、さらに2点の追加ダメージを与えると共に、このカードをリロールすることが出来ます。
上記「ガンダムデュナメス」のほか、「ガンダムデュナメス(スナイパーモード)」「ザクⅠ・スナイパータイプ」といったロール型の射撃ユニットとバツグンの相性を持ちます。
この効果は、自動Dですので、カットインすることが出来ません。また、自動Dの効果は1ターンに1回のみしか宣言出来ませんので、効果の2度使用は不可能です。
クイックを持っている点も評価に値します。
評価:■■■■■□□□□□

C-OO-1 裁きを下すもの
紫のヴァリアブルカード。
コマンドとして使用した場合、交戦中の敵軍ユニット1枚に4点ダメージを与えることが出来ます。タイミングが常時なので、防御ステップに使用すればブロッカー除去に役立ちます。
Gとして使用した場合、自軍及び敵軍が発生している国力と同じ種類の国力を発生させることが出来ます。「アナハイム・エレクトロニクス」と違って、任意のステップにも国力を発生させることが出来ますが、効果を起動しない限り紫国力すら発生しませんので、常時タイプのコマンドやクイックを持ったカードを疎外する可能性があります。
評価:■■■■■□□□□□

O-OO-1 矛盾した存在
戦闘エリアにカードが移動した場合、そのユニットのコントローラーは、G以外のカードを2枚破棄しないといけません。
かなりの制圧力を持ったカードです。しかし、自軍のデッキスピードが敵軍よりも速かった場合、まるっきり役に立たないどころか、自分の首を絞めかねません。
「カプセルの出撃」で強制的に戦闘エリアに移動させるのも面白いかもしれません。
この効果は、プレイヤーを対象としていますので、「アカツキ」を対象にとることも出来ます。
評価:■■■■■□□□□□

G-21 私設武装組織
紫国力を発生させる特殊G。
非交戦状態の全てのユニットは、(効果を起動したステップ中は)敵軍効果で手札とハンガーに移動しなくなります。
敵軍ユニットも移動しなくなりますが、起動タイプのカードですので、特に問題にならないのではないでしょうか。
「恫喝」「撤退命令」「エスコート」「部品ドロボウ」対策としては優秀ですが、2枚撃ちには無力だったりします。
評価:■■■■□□□□□□

流石に「紫」のカードは優秀なものが多いですが、ヴァリアブル(ダブルオー)のカードは、指定国力が厳しくて採用に悩みますね。
・・・そのあたりのデッキ構築が面白味の一つであって、個性が発揮されるポイントだと思います。時代は混色です。是非、ダブルオーのカードは使用してみてください。

・・・それにしても、このコーナーって疲れますね。
by gunplete | 2008-01-29 23:59 | Gundam War
<< ダイタモンドダストリベリオン 今週のジャンプ >>