光の鷹
ども。Aceです♪

「ベルセルク」の第32巻が発売されました。

・・・待ちに待った最新刊ではありますが、ここ最近の展開が足踏み状態であるため、イマイチ内容が良く飲み込めませんでしたね。
お恥ずかしながら、2~3巻前から読み直してしまいましたよ。

・・・と、それはさて置き、今回はガッツ&ゾッド(&シールケ)の最強コンビが誕生します。
ゾッドって、すっかり「イイ奴」になっちゃったみたいですね。

そして、クシャーンの大群と「新・鷹の団」の対決。
グリフィスにかかれば、クシャーンの大群だろうと、大帝ガニシュカだろうと、子供同然ですね。さすがゴッド・ハンド。
さっさとガニシュカに止めを刺せば良かったのに。なんで見逃したのかな?
ガニシュカで、もうちょっと引っ張るつもりなのかしら?
(・・・いい加減、次の展開に進んで欲しいなぁ。)

それにしても、グリフィスはみるみる素敵になっていきますねぇ。
男目線でもウットリしちゃいますね。

・・・ところで、今回は大群同士の戦闘シーンが多かったせいもあり、いつにも増して大コマが使われていたような気がします。
こういった何万人といった兵士の隊列を見ると、・・・きっとアシスタントに描かせてるんだろうな~・・・なんて、思ってしまうのは私だけでしょうか?
by gunplete | 2007-12-06 23:15 | comic
<< 4×5 ★夜会★ >>