ゲド戦記、再び・・・
ども。Aceです♪

どうやら、アカデミー賞に「硫黄島からの手紙」がノミネートされたようですね。
その他の4作品が、どれもピンと来ないものばかりでしたので、おそらく大賞に輝くのではないでしょうか? ・・・私は観てませんけど。

で、このアカデミー賞に相対する形で、ゴールデンラズベリー賞があります。
このラズベリー賞は、いわゆる「ダメな映画」を表彰するもので、今回は「氷の微笑2」が栄冠に輝いたそうです。・・・私は観てませんけど。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

・・・で、前置きはこのくらいにして、本題。

週刊文春が、このラズベリー賞の日本版とも言うべき「文春きいちご賞」を2005年に創設しましたが、このたび、2007年の受賞作品が発表になりました。

・・・と、その前に、2005年(第1回)と2006年(第2回)の結果ですが、

●2005年 文春きいちご賞
第1位 「デビルマン」
第2位 「キャシャーン」
第3位 「海猫」
第4位 「ハウルの動く城」
第5位 「ヴィレッジ」
第6位 「ゴジラFINAL WARS」
第7位 「サンダーバード」
第8位 「リディック」「キューティーハニー」「2046」

●2006年 文春きいちご賞
第1位 「SHINOBI」
第2位 「TAKESHIS'」
第3位 「宇宙戦争」
第4位 「戦国自衛隊1549」
第5位 「オペレッタ狸御殿」
第6位 「春の雪」「アレキサンダー」「北の零年」
第9位 「鳶がクルリと」「東京タワー」


誤解を招くようですが、「ダメな映画」と言うよりも、「期待はずれな映画」と呼んだ方が相応しいのかもしれませんね。ビッグネームなら尚更です。

さて、2005年の 第1位と第2位は、個人的には納得です。
「ハウルの動く城」の評価は意見が分かれるところだと思います。私は好きですが。・・・ちなみに、第9位の「2046」といい、キムタクが2作品に出てるのは意外ですね。
・・・私の愛する「キューティーハニー」が第8位というのは納得できません。個人的にはベスト1なんですけどね。

2006年第1位の「SHINOBI」ですが、個人的には好きな作品なんだよなぁ。結構、見応えはありますよ。・・・何がダメだったのかな? ベタ過ぎた?
第2位・第3位・第4位は順当だと思います。第2位の「TAKESHIS'」については、このブログでも過去に紹介しましたね。

・・・で、いよいよ、2007年(第3回)の結果ですが、

●2007年 文春きいちご賞
第1位 「ゲド戦記」
第2位 「日本沈没」
第3位 「ダ・ヴィンチ・コード」
第4位 「涙そうそう」
第5位 「PROMISE」
第6位 「LIMIT OF LOVE 海猿」
第7位 「連理の枝」
第8位 「ラフ」「アンジェラ」
第10位 「7月24日通りのクリスマス」


・・・やっぱり、「ゲド戦記」でしたか。う~ん。
キライじゃないんだけど、やっぱり納得せざるを得ないのかな?
「ゲド戦記」についても、このブログで過去に取り上げていますので、ご参照ください。

・・・ちなみに、このブログは、毎日、アクセス数の集計を出せるのですが、「ゲド戦記」の記事を取り上げた時が、過去最高のアクセス数だったんですよね。皮肉なものです。

それにしても、今年の「きいちご賞」は大物が揃いましたね。
審査員の強気な態度が伺えます。

・・・それと、名前は出しませんが、目下売り出し中の若手女優さんが主演を務める作品が多くないですか? なんか、可愛そうですね。
by gunplete | 2007-01-23 23:06 | movie / TV
<< 伝説のはじまり 今週のジャンプ >>