【蒼い宇宙(そら)の巻】SCS 01/07
ども。Aceです♪

今日は、2007年1発目のGWの大会でした。
今日のデッキは、私としては珍しい青単中速です。

参加者は9名でした。

1回戦 対『青赤中速』 ○×○
1セット目
1ターン目から「アストナージ」をセット。相手から悲鳴が聞こえます。
その後、「Zガンダム」や「試作3号機」等のミドル級ユニットで殴り勝ち。
2セット目
序盤もたついている間に、「Ξ」や「ペーネロペー」を展開されてお手上げ状態。
中盤盛り返しますが、「惹かれあう魂」をプレイされた時点で心が折れました。
3セット目
相手がG事故。こちらは順調。ほぼノーダメージで勝利。

2回戦 対『黒赤カウンターゴトラタン』 ×○○
1セット目
序盤優勢に進めますが、「核の衝撃」でリセットされたあげく、「ヤザンブラビ」で手札を抹殺されます。その後、「ゴトラタン」×2体でボコられて敗北。
2セット目
各種破壊操作と「武力」が怖いので、サイドから「各機の連携」「キリマンジャロの嵐」を投入します。これが、ドンピシャに刺さります。
回復と破壊を封じられた相手はほぼお手上げ状態。
3セット目
今回も「各機の連携」が良い働きを見せてくれます。
2セット目同様、相手の動きを封じて勝利。サイドデッキ様々です。

3回戦 対『黒赤カウンターヘイズル』 ○○-
1セット目
1ターン目から「アストナージ」をセット。相手にプレッシャーをかけます。
その後、「不可視の盾」「Zガンダム3号機」「試作3号機」を展開したところで、相手投了。
2セット目
今回も序盤から「アストナージ」をセット。相手から悲鳴が聞こえます。
その後の展開も順調で、危なげなく勝利。青単は安定感バツグンですね。

4回戦 対『青単中速』 ××-
1セット目
ミラーマッチとなってしまいましたが、こちらが先に「アストナージ」をセット。
勝利の道が切り拓けたと思いましたが、その後、思うようにユニットを展開することが出来ず、敗北。せっかくの「アストナージ」が・・・。
2セット目
今度は相手に「アストナージ」のセットを許してしまいますが、「不可視の盾」と「抱擁」、「Zガンダム3号機」で耐えていきます。
また、「Zガンダム(恋人編)」&「セシリー」+5点パンプといったバケものユニットを育てていきますが、相手の「カミーユ(14弾)」+「アストナージ」といった黄金コンビの壁を突破することが出来なくて、ジリ貧。

結果、3勝1敗で2位でした。
上位3名は青単で、参加者の半数に「アストナージ」が採用されていました。
青単でもキャラ除去を内蔵しないといけませんね。「アストナージ」を早く出した方が勝つといった状況は許せませんから。青単だと、「再会、母よ・・・」かな?
また、「コウ(8弾)」の採用もGOODかもしれません。「アストナージ」を対象にライバルコインを乗せたら、ほぼ無敵状態だと思います。
なんだかんだ言って、やっぱり青の時代なんでしょうかねぇ?
by gunplete | 2007-01-07 22:53 | Gundam War
<< ミッション・コンプリート 今週のジャンプ >>