デッキ解説【黒い覇王】
ども。Aceです♪

GWのコーナーで新しいデッキレシピをアップしました。
黒茶のMF+恫喝デッキです。
このデッキは、最近の公認大会でも優勝を果たしていますので、これからMFデッキを組もうとしている人の参考になろうかと思います。

●ジェネレーション(17枚)
・黒G×4枚
・茶G×10枚
・月面G×3枚
いささかGが少ないような気もしますが、ボルジャーノン(15弾)を3枚積んでいますので、事故の心配はないかと思います。
黒のカードは指定1のものばかりですので、黒Gの配分も問題ありません。
ただ、シャイニングガンダム(バトルモード)が指定3ですので、月面を投入してバランスを調節しています。

●ユニット(12枚)
・ボルジャーノン(15弾)×3枚
・コルレル×2枚
・シャイニングガンダム×3枚
・ドラゴンガンダム×2枚
・シャイニングガンダム(バトルモード)×2枚
ボルジャーノンは、茶のデッキには必須です。このカードと「宝物没収」が初手にあるのでしたら、G1枚からのスタートでも問題ありませんね。
最近は使われることが少なくなりましたが、コルレルは優秀です。サイコミュに無敵ですし、ウィニーデッキ対策にもなります。なんといってもリング戦では鬼神の強さ。リセット後のリカバリーにも期待できます。
シャイニングとドラゴンは、このデッキの核となるユニットです。プリペンドもありますんで、妨害される心配もなく、安心してプレーできます。この2体にガンダムファイターがセットできたら勝利は目前ですね。
バトルモードは趣味のカードです。混色デッキに指定3のカードは使い難いです。でも、MFユニットとしては、単体でも十分に強い攻撃力を持ち合わせています。しかも恫喝との相性が良く、恫喝後に膨れ上がった手札をダメージに変換できます。

●キャラクター(3枚)
・ドモン×2枚
・アルゴ×1枚
ドモンは超強力なガンダムファイターです。交戦で一方的に負けることはありえないです。白のユニットだろうが木っ端微塵に粉砕できます。しかも、ロールしませんので、凌駕が紙くずになってしまいます。
アルゴはドモンほどの攻撃力はありませんが、資源を払うことでリロール出来ますので、奇襲やブロックに長けています。特にプレイされたユニットにセットすることで、擬似リロールインできますので、その後のリング出撃→恫喝へのコンボとつなぎ易くなります。

●コマンド(13枚)
・カプセルの人質×2枚
・恫喝×3枚
・シロッコの眼×2枚
・宝物没収×3枚
・月のマウンテンサイクル×3枚
没収とマウンテンサイクルは必須ですね。当然3積みで。
恫喝はこのデッキの切り札です。対戦相手は常にこのカードを警戒しないといけません。・・・ですが、このデッキは恫喝が決まらなくても十分な攻撃力がありますので、恫喝を警戒させて自滅を誘う(カウンターの出し惜しみを誘う等)のも手かと思います。また、相手が重いデッキでしたら、MFが場に無くてもバンバン使っていきましょう。こちらにはボルジャーノンやコルレル、ディアナ帰還がありますので、リカバリー勝負には断然強いです。
シロッコの眼では、カウンターカードを切りましょう。
カプセルの人質は色々な使い方があります。ロール状態のユニットをタコ殴りにしたり、キャラクターのセットにカットインで使用して、キャラクターのプレイを妨害したり、ブロッカーをリングに出撃させなかったりと。特に同色の場合は相手のドモンを抹殺できますので。

●オペレーション(5枚)
・ディアナ帰還×2枚
・ニュータイプの排除×2枚
・凌駕×1枚
ディアナ帰還は茶色のデッキには必須ですね。できれば3枚積みでも良いのかな?
ニュータイプの排除はかなり優秀です。このデッキはコンボ性も高いので、発掘道具よりもこちらを優先します。(こちらは相手ターンにも使えますので)
凌駕は保険程度に。

●サイドデッキ
・ジオン掃討作戦×3枚
・シャクティの祈り×2枚
・抵抗する意思×2枚
・隠遁者×3枚
サイドデッキは、赤や同色(黒や茶)を意識しています。
対赤の場合は、カウンターと転向が恐いですので、シャクティの祈りと抵抗する意思を優先します。(カプセル×2枚・凌駕×1枚・バトルモード×1枚とチェンジ)
黒や茶の同色デッキ(リセット系)の場合は、シャクティの祈りと隠遁者を優先します。(シロッコの眼×2枚・茶G×1枚・月面G×2枚とチェンジ)
ウィニー相手の場合は、恫喝と掃討作戦をチェンジします。

こんな感じのデッキです。参考になりましたでしょうかね?
黒の指定1のカードって優秀なものが多いですよね。「木星帰りの男」もサイドに入れたいカードの候補です。
by gunplete | 2006-05-13 20:14 | Gundam War
<< 15分1本勝負 2006年春季ベストバウト!! >>