ラプラスの亡霊
ども。Aceです。

BD「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」の第巻を購入。

今回は前半のクライマックス「パラオ攻防戦」が収録されています。
戦闘パートが多くて、とても見応えのある内容かと。

特に終盤でのユニコーンガンダム×クシャトリヤ戦は必見。

ユニコーンガンダムの「NT-D(ニュータイプ・ドライブ)」ですが、
実は、「ニュータイプ・デストロイヤー」といった裏の顔があったようで、
敵機のサイコミュ兵器を無力化(支配)することができるようです。

劇中では、クシャトリヤのファンネルのコントロールを掌握するユニコーンガンダムが描かれています。

まさしくニュータイプ抹殺のためのMSですね。
・・・めっちゃ恐い。


・・・一方で、マリーダの過去の断片も垣間見えます。
マリーダは、グレミーのニュータイプ部隊の生き残りのようで、
プルの12番目のクローンだとか。

第一次ネオジオン戦争時には、量産型キュベレイMk-Ⅱに登場していたご様子。

その後、映像ではお見せできないような凄惨(淫靡)な経緯があり、現在に至ります。
(この部分は小説でどうぞ。)


・・・で、次回は地球でのお話。
いよいよ「デカイの」やら「黒いの」やらが登場するんでしょうね。楽しみにです。
by gunplete | 2011-04-27 23:13 | GUNDAM
<< SAKURA 「雷鳴の使徒」私的評価 -赤編- >>