ドリル祭
ども。Aceです。

「第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇」が発売中です。

スパロボも生誕20周年だそうです。
今思うと、第1作目の白黒ゲームボーイ版から、よくここまで続いたものですね。
感慨深いものがあります。

・・・で、記念すべき今作ですが、「破界篇」と「〇〇篇」2部作になるようです。
前後編ではなく、それぞれが独立したストーリーだそうです。

「破界篇」は、前作「第1次」とは別の次元のパラレルワールドの設定ですので、
もしかしたら次の「〇〇篇」で、前作「第1次」の続編が描かれ、
二つの世界が交わっていく展開になるのではないでしょうか・・・?


それにしても、今作は、やけに最近のアニメが目立ちますね。
「コードギアス」「ガンダムOO」「エウレカセブン」「マクロスF」・・・サービスしすぎ。

一方で、「グレンラガン」「グラヴィオン」「ダイ・ガード」「真・ゲッター」といったドリル作品も熱いですね。
やっぱ男子たるものドリルっしょ。


・・・でも、正直なところ、何故にPSPで発売したんでしょうか?
あきらかにゲームシステムやビジュアル面が退化していますよ。
戦闘マップも見下ろし型の平面だし。
キャラクターのビジュアルもヘタクソ(お粗末)すぎます。
もっと似せて描くことは出来なかったのでしょうか?
あれでは各作品の魅力も半減するというもの。

・・・そのせいもあってか、何故かイマイチのめり込めないんですよね。
・・・う~ん。残念だなぁ。




・・・それはさて置き、今回ってソシエ嬢出るよね?
うちのエースパイロットなんだから!!
by gunplete | 2011-04-21 23:12 | GAME
<< 「雷鳴の使徒」私的評価 -黒編- 「雷鳴の使徒」私的評価 -緑編- >>