「覇王の紋章」私的評価①
ども。Aceです♪

GWも第16弾が発売され、だいぶ盛り上がっておりますが、「16弾のカードってどうよ?」ってことで、私的にレアカードを評価していきたいと思います。あくまでも私的評価ですから、あしからず…。

まずはから、
U-272 ガンダムF90 2号機
最速3ターンで場に出ますが、相手に奪われやすいので、危なっかしくてデッキに入れられません。唯一の利点は、F90の換装元となることぐらいでしょうか。
評価:□□□□□□□□□□

U-276 Vガンダム
今回の青のユニットは、Vガン系のコンセプトデッキ用と見ていいでしょう。ですから、単体としては評価し難いですね。で、このカードですが、戦闘力は並以下です。マルチプルでリロールできますが、今回の「カタパルト」が優秀すぎて、せっかくの能力がかすんでしまっています。
評価:■■□□□□□□□□

U-277 Vダッシュガンダム
上記「Vガンダム」をより戦闘的にしたユニットで、青にはめずらしく、ユニット除去能力があります。このカードを有効に活用するために上記「Vガンダム」はあると思ってください。・・・相手ユニットが出撃→「Vガンダム」からの換装で「Vダッシュガンダム」が防御→手札に戻した「Vガンダム」を種にしてマルチプル起動・・・なんて面白いこともできます。何気に射撃3は優秀。
評価:■■■□□□□□□□

CH-166 ウッソ・エヴィン
かなり優秀な転向能力を持ったカード。ただし、対象となるのは指定国力が1のユニットのみなので、実戦で奪えそうなのは「Ξガンダム」くらいでしょうか。NTがあれば良かったですね。
評価:■■□□□□□□□□

CH-167 シャクティ・カリン
ドロー時に手札の引き直しができるということですね。優秀といえば優秀です。デッキに入って腐るカードではないので、サーチ力を高めたい人はデッキに入れて損はないでしょう。
評価:■■■□□□□□□□

O-112 カタパルト
非常に強力なカードです。青単デッキには必須かもしれません。カードサイズも低いので、低速から中速までどんなデッキにも入ります。「ハイメガZ」や「アムロディアス」といったカードがノータイムで出撃できるのですから弱いわけがありません。しかも、破棄することで全ての自軍ユニットがリロールしますので、2・3枚ダブって配備してもOKです。「部隊編成」と組み合わせると恐ろしいことになります。
評価:■■■■■■■□□□

O-114 白いモビルスーツの伝説
自軍カードが続く限り、毎ターンオペ割りができます。優秀といえば優秀ですが、破壊できるオペレーションは1ターンにつき1枚のみで、「凌駕」や「摂政の演説」でロールさせられると無力化してしまいます。素直に「三段構え」を入れましょう。
評価:■■□□□□□□□□

O-115 ウェポンコンテナ
ジャンクにある青のユニットが続く限り、マルチプルが撃ち放題になります。優秀といえば優秀ですが、これまた1ターンに1回しか使えませんので、「G3ガンダム」「フルアーマー百式」「Vガンダムヘキサ」のパンプ能力で一撃必殺とはいきません。残念。ロールにも弱いです。
評価:■□□□□□□□□□

続いて、ですが、
U-252 ザクキャノン(イアン・グレーデン機)
ユニットの戦闘力は酷いものです。能力としても専用機のセットが条件ですので、実戦ではとうてい使えないですね。
評価:□□□□□□□□□□

U-254 ゲルググM(シーマ・ガラハウ機)
プリベント・強襲・実質格闘5!! 4国力でこの能力なら弱いわけがありません。しかも、自軍ユニットを取り除くことで破壊を無効にできますので、すぐにでも1軍で活躍できそうです。「逃避行」や「転向」で奪ったユニットを取り除くと効果的ですね。「光る宇宙」との相性もバツグンです。
評価:■■■■■□□□□□

U-257 グランザム
非常に強力な能力を持っています。プリベントと大気圏突入でブロックし難く、6ダメージを与えたうえに配備でもどこでも相手ユニットに5ダメージですから。・・・当然重いユニットなので場に出すことは難しいでしょうね。
評価:■■■□□□□□□□

CH-151 シーマ・ガラハウ
戦闘能力は平凡ですが、非常に強力なキャラクターです。プリベントで妨害され難く、汚染コインを得ることで、最大3回カウンターできます。しかもカウンターできるカードは種類を選びません。また、最大4回カードを引くこともできます。(5回引いたら自爆しますけど。)TPOによって使い分けましょう。現在のトーナメントシーンでは汚染デッキは皆無なので、汚染コインで敗れることはないでしょうから、安心して能力を使っていけますね。バルチャーも高評価です。
評価:■■■■■■□□□□

CH-154 イアン・グレーデン
NT持ちの射撃2のキャラクターです。同弾の「ザクキャノン」とセットで使いたいところですが、実は「ドロワ」や「編隊飛行」、「防衛G」とバツグンの相性だったりします。ただのコインが格闘3になるんですから、ある意味脅威ですよね。
評価:■■□□□□□□□□

C-107 IQ240
使いどころとしては、序盤はG破壊、中~終盤はキーカード破壊といったところでしょうか。相手のドローを一方的に調整できるのは嬉しいですね。密かに本国5点ダメージも狙えます。・・・ちなみに、カードを見るのは使用したプレイヤーのみなので、「なるほどナルホド」とか言いながらあらぬプレッシャーをかけるのも面白いかもしれません。
評価:■■■■□□□□□□

O-98 一日の長
是非とも序盤に出したい優秀なドローカードです。ウィニーデッキには入れ難いような気もしますが、このカードを1ターン目に出せれば、大きなアドバンテージを得られます。
評価:■■■■□□□□□□

今回はについて書きましたが、青で強力なのは間違いなく「カタパルト」でしょう。緑では「ゲルググM」&「シーマ」がイイ感じです。・・・ちなみに、緑って4国力圏域のユニットって意外と豊富ですよね?緑単中速もイケるんじゃないの?
by gunplete | 2006-03-12 22:17 | Gundam War
<< 「覇王の紋章」私的評価② 「倍返しだぁーーっ!!」byシ... >>