ネバーランドは何処?
ども。Aceです♪

「交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」のDVD・BDが発売されました。
テレビ放送で人気を博した「交響詩篇エウレカセブン」の劇場公開作品です。

往々にして、こういった劇場作品は、テレビ放送版のダイジェストでまとめられるのが通例ではありますが、今作については、
完全新作シナリオとなっております。

・・・って言いますか、テレビ放送版とはまるっきり違ったお話です。
パラレルワールドとでも言うのでしょうか?
続編や番外編を期待すると、ギャップに悩まされることになります。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ストーリーとしては、ややメルヘンチックな方向に盛り上がりつつ、
終始、レントンとエウレカの恋愛模様が綴られていきます。

もう、この二人、最初から最後まで
ラブラブです。

レントンのストレートな感情を表現した告白の数々にグッときました。
下手な恋愛小説よりも言葉が染み入ります。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

また、今回登場する
幼生ニルヴァーシュは、めちゃくちゃカワイイです。
愛らしいプニプニボディーで「モキュ?」とか言ったら、婦女子は即昇天でしょう。

こんなに可愛らしいニルヴァーシュですが、
最終的には、ファンネル飛ばしまくりのスーパーロボに大変身。

エウレカセブンの醍醐味である超高速バトルも見応え十分でした。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

総じて、クオリティの高い作品だと思いますが、
やっぱり、テレビ版の印象が強くて、今作には感情移入が出来なかったです。

(・・・それだけテレビ版が面白かったということなんですが。)

むしろ、レントンとエウレカ以外の登場人物を、まるっきりオリジナルにした方が良かったのでは?

by gunplete | 2009-07-02 23:07 | animation
<< 全身加速装置? 月イチRanking (200... >>