ホワット・ア・ワンダフル・ワールド
ども。Aceです♪

「ジョジョの奇妙な冒険 Adventure Battle Card」の第8弾が発売されましたが、
今回のエキスパンションには、とんでもないエンドカードが存在します。

メイド・イン・ヘブン
スタンドカード(プッチ)
コスト:○
自分手札補充フェイズに、山札からカードを引く枚数を、1~10枚に変更する。
また自分山札がなくなった場合、ゲームに勝利する。
このカードは、《C-MOON》が付いている味方の『プッチ』にのみ付けることができる。


毎ターン10枚ドローは圧巻です。
さらに、通常では山札が無くなった場合は、即敗北を意味しますが、
この場合は、山札の枯渇が勝利に繋がります。

・・・どう考えても「出せば勝ち」の状況ですね。
さすが最強のスタンド!! 恐るべし!!

『時の加速』により、『加速』の行きつく所!! 『宇宙』は一巡したッ!!
『新しい世界』だッ!! 人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだっ!!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

・・・ですが、こんなぶっ壊れカード、そう容易く場に出せるものではありません。

このカードを場に出すためには、「プッチ神父」「緑色の赤ちゃん」を場に配備した状態で、「天国に行く方法」の解決に成功し、手札にある「C-MOON」を召喚する必要があります。

天国に行く方法
イベントカード
コスト:なし
味方に《緑色の赤ちゃん》がいる場合、このカードを相手に見せ、自分は何も見ないように目を閉じて次の言葉を言う。
「らせん階段、カブト虫、廃墟の町、イチジクのタルト、カブト虫、ドロローサへの道、カブト虫、特異点、ジェット、エンジェル、アジサイ、カブト虫、特異点、秘密の皇帝」。
間違えずに言えた場合、「自分手札にある/自分手元にオープンされている」《C-MOON》1枚を、味方の『プッチ』1人に付ける。


ちなみに、この方法以外では、「C-MOON」を「プッチ」に付けることは出来ません。
もの凄くお膳立てが必要なうえに、プレイヤーの暗記力が必要になってきます。

まるでプッチ神父が劇中で歩んできた試練をなぞるようですね。

だからこそ、「メイド・イン・ヘブン」で勝利することに美徳を感じてしまいます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

でも、「託されたエンポリオ」で一発逆転されたら泣けてきますね。

託されたエンポリオ
キャラクターカード
リネージ:友
戦闘力:P0/S①/T0
コスト:○
相手が《メイド・イン・ヘブン》の効果で勝利する時、自分手札のこのカードをオープンすることで、その勝利を無効にし、自分がゲームに勝利する。


やめろォオオオオ!! 知った風な口をきいてんじゃあないぞオオオオオオ!!
このちっぽけな小僧がああああああああああ!!


ある意味、「託されたエンポリオ」で勝利することこそが、
至上の幸福なのかもしれませんね。
by gunplete | 2009-06-23 23:54 | JoJo
<< キセキ 今週のジャンプ >>